自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > キッチンのリフォームにかかる金額はいくらくらい?キッチンの形状の種類についても紹介

キッチンのリフォームにかかる金額はいくらくらい?キッチンの形状の種類についても紹介

キッチンをリフォームしたい場合には、現状の住宅に最もマッチしたものを選択しなくてはいけません。一般的には、3つのキッチンの種類が用意されていますので金額面も考慮して検討していく必要があります。

キッチンまず、アイランドキッチンと呼ばれるもので、その名前の通り島のような形で壁から離れた位置にキッチンのスペースが置かれることに特徴が存在します。本来、キッチンは壁との隙間を無くすように設置されますが、アイランドキッチンは壁と設置せずに独立してスペースを確保しますので、周囲の空間とのゆとりが非常に大きいというメリットがあります。開放感があって複数の人でも調理ができますので、料理教室などにも導入されているスタイルです。反対に、スペースを広くとる必要がありますので工事の費用が必要になる難点もあります。具体的には、通常のキッチンと比較すると最大で2倍以上の価格が必要になることもあるため、広い空間をもった住宅に向いているスタイルだといえます。

反対に、対面型キッチンは一般家庭でも広く導入されているキッチンです。家族とのコミュニケーションを取りやすく、リビングなどと対面上で料理を行うことができます。一戸建て住宅だけではなく、マンションなどにも導入されていますので価格面でもリーズナブルな費用でリフォームを行うことが可能です。一般的な相場なら、30万円から50万円で十分に用意できます。リフォームを行う際の注意点としては、臭いが充満しないように気を付けることです。リビングなどと対面上で設置するのが通常なので、料理をするときに他の部屋にその臭いが広がってしまう可能性が高くなります。対面型キッチンは、換気口の作り方にも種類やこだわりがありますので、この点に気を付けて選択することが大切です。

L型キッチンは、文字通りL字状にキッチンを設置できるスタイルです。広い場所で料理を行うことができますし、何よりも1部屋あたりの間取りが小さくてもリフォームができるという大きな利点が存在します。現実的にも、10万円から20万円程度で設置できるため最もリーズナブルです。足りなくなったスペースをL字に広げることで確保できるようになりますので、見た目以上にキッチンスペースを広く保つことができます。L型キッチンの場合は、対面式と壁付け式の2つの種類が準備されています。どちらのスタイルを選択するかによって、換気口の付け方や間取りの利用の仕方が異なりますので金額にも違いがでてきます。特に、対面式の場合は対面型キッチンよりもさらに広いスペースでのリフォームになるため、金額が高くなる可能性があるためこの点だけは気をつけておくことです。

こちらの記事もチェック!
  • DIYをする女性
    2019.07.24

    ガレージをDIYで組み立てる手法としては、単管パイプを利用した方法が存在します。一般的な工事現場の足場としても利用されているものですが、単管パイプは見た目以上に簡単に組み立てることができますので、通常の住宅に存在するようなガレージサイズなら...続きを読む

  • お金
    2019.08.05

    リフォームは、元にあった状態に住居を戻すことを念頭に行われます。例えば、賃貸借で住宅を借りた場合、その部屋から出ていくときには原状回復という処置をとらなくてはいけません。この原状回復は、借りる前の状態に戻すことを意味しますのでリフォームであ...続きを読む

  • 住まい給付金について説明する女性
    2019.09.02

    住まい給付金は、消費税の引き上げによって生じる消費者の負担の軽減のために考えられた制度です。消費税の引き上げに関する対策として実施されていますが、実施期間としては既に平成26年4月から始まっていて対象者は申請できるようになっています。令和3...続きを読む

  • 地域密着型のリフォーム会社の特徴について教える男性
    2019.09.30

    リフォーム会社では、地域密着型の方が強い可能性があります。 まず、相談のしやすさが全く違うという特徴が存在します。 大手のリフォーム会社は作業の分業化が行われていますので、確かにそれぞれの部門で大きな強みを持っています。 ただ、包括的...続きを読む