自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > リフォームで吹き抜けをつくることはできる?吹き抜けをつくるメリット・デメリットを解説

リフォームで吹き抜けをつくることはできる?吹き抜けをつくるメリット・デメリットを解説

吹き抜けのリフォームをする場合には、まず2つの立場から考える必要があります、まず、高層マンションのような縦に長い建造物を改築する場合です。上下階を含めた長い構造物である場合には、法律や条例によって吹き抜けを実質的に行うことができないケースもあります。そのため、個別具体的に検討しなくてはいけません。反対に、一戸建て住宅で吹き抜けを考える場合には、そこまでの制限は存在しません。もちろん、構造上の制約が存在するケースはありますが、壁や天井部分の建築構造を守れば十分に吹きぬけをつくることが可能です。ですから、まずは一戸建て住宅をリフォームするのか、それともマンションのように上下階で縦の長さが必要な建造物でリフォームをするのかを考えるのが大前提です。

吹き抜け一戸建て住宅の場合、吹き抜けをつくるメリットは大きいです。まず、日の光が階下まで降り注ぐことになりますので明るさが増します。特に、住宅の密集地である場合には日照時間の問題もあって、階下まで明るさを届けることができる吹き抜けは非常に役に立ちます。また、開放感のある空間を演出できるメリットも存在します。建築物を建築する際には、床面積に応じた間取りを考えるのが前提であるため、床面積が狭いと窮屈な住宅になってしまうことも多いです。一方で、吹き抜けをつくるとこの圧迫感を解決することができますので、住宅の開放感が生まれます。

他の魅力しましては、エアコンの効率を向上させることができる点も挙げられます。例えば、夏場にエアコンを付けてなかなか部屋が涼しくならないのは、エアコンの効率の悪い内部構造をしているからです。基本的に、冷気は暖気よりも重い性質がありますので、冷気が下にやってくるような住宅構造にしておくと自然と階下を涼しくすることができます。この点、吹き抜けはその構造に当てはまっていますので、エアコンの効率を向上させることができるようになります。

デメリットは、防音や防寒あるいは耐震対策が必要になる点です。吹き抜けにすると音を遮る壁がなくなりますので、それだけ周囲の音を拾いやすくなります。また、冷気が下に行く性質がある以上、冬場になると暖気を巡回させようとしても冷気に押し出されて上層部分に追いやられてしまうデメリットが生まれます。ですから、冷気と暖気の効率を考えてエアコンを設置しなくてはいけません。さらに、空間を優先することになるためそれを補えるだけの耐震性を備えた対策も必須となります。

こちらの記事もチェック!
  • DIYをする女性
    2019.07.24

    ガレージをDIYで組み立てる手法としては、単管パイプを利用した方法が存在します。一般的な工事現場の足場としても利用されているものですが、単管パイプは見た目以上に簡単に組み立てることができますので、通常の住宅に存在するようなガレージサイズなら...続きを読む

  • お金
    2019.08.05

    リフォームは、元にあった状態に住居を戻すことを念頭に行われます。例えば、賃貸借で住宅を借りた場合、その部屋から出ていくときには原状回復という処置をとらなくてはいけません。この原状回復は、借りる前の状態に戻すことを意味しますのでリフォームであ...続きを読む

  • 住まい給付金について説明する女性
    2019.09.02

    住まい給付金は、消費税の引き上げによって生じる消費者の負担の軽減のために考えられた制度です。消費税の引き上げに関する対策として実施されていますが、実施期間としては既に平成26年4月から始まっていて対象者は申請できるようになっています。令和3...続きを読む

  • 地域密着型のリフォーム会社の特徴について教える男性
    2019.09.30

    リフォーム会社では、地域密着型の方が強い可能性があります。 まず、相談のしやすさが全く違うという特徴が存在します。 大手のリフォーム会社は作業の分業化が行われていますので、確かにそれぞれの部門で大きな強みを持っています。 ただ、包括的...続きを読む