自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > リフォームとリノベーションの違い!工事の規模や費用が変わる?

リフォームとリノベーションの違い!工事の規模や費用が変わる?

リフォームは、元にあった状態に住居を戻すことを念頭に行われます。例えば、賃貸借で住宅を借りた場合、その部屋から出ていくときには原状回復という処置をとらなくてはいけません。この原状回復は、借りる前の状態に戻すことを意味しますのでリフォームであると判断できます。悪くなってしまった状態をそうではなかった状態にまで戻すことを主として作業を実施しますので、マイナス面を0に戻すことを目的としています。もちろん、それだけではなく簡易的な改築も行うことも可能です。キッチンを綺麗にしたり、床の張替えを行うような行為はリフォームの代表的なものであり、安い価格で実施することができます。ただ、それは資産価値を大きく向上させることを目的としているわけではありません。あくまでも、簡易的な改修に留まりますので、大規模な改築を行っていくわけではありません。

お金反対に、リノベーションは住宅を大規模に回収していくことを意味します。つまり、工事の規模が全く違います。リノベーションは、住宅の性能を向上させることができますので、資産価値を向上させることができるというメリットもあります。それまで存在していた住宅の価値に、何らかのプラスアルファを付けることによって、結果的に新しいものを建築できます。実際に、建築の状況によっては従来の住宅よりも状態を向上させることも可能です。住宅の性能をライフスタイルに合わせて向上させることで、現代社会にマッチした建築物を建造できます。内装や外観を大規模に変更しますので、販売目的でも利用されています。

費用面の観点からも、これらの違いは実は非常に重要です。例えば、リフォームはあくまでも小規模な原状回復を目的としていますので、工事の規模を大きくすると手続きが面倒になります。代表的なものが、建築業者への依頼です。リフォームは、小規模の改修であるケースではどういった人物がそれを行っても構いません。これは、法律に抵触するような大規模な工事を想定していないからです。ところが、費用が必要になる大規模な工事を行う場合には建築業の認可を受けた業者が工事をしなくてはいけなくなるので、対応が非常に面倒になります。この点、リノベーションというのは最初から大規模な工事を前提としていますので、そこに関わる業者はほとんどが建築業としての認可を受けています。ただ、リフォームと異なって多額の金銭が必要になりますので、どちらのメリットもデメリットも理解して選択しなくてはいけません。

こちらの記事もチェック!
  • DIYをする女性
    2019.07.24

    ガレージをDIYで組み立てる手法としては、単管パイプを利用した方法が存在します。一般的な工事現場の足場としても利用されているものですが、単管パイプは見た目以上に簡単に組み立てることができますので、通常の住宅に存在するようなガレージサイズなら...続きを読む

  • 住まい給付金について説明する女性
    2019.09.02

    住まい給付金は、消費税の引き上げによって生じる消費者の負担の軽減のために考えられた制度です。消費税の引き上げに関する対策として実施されていますが、実施期間としては既に平成26年4月から始まっていて対象者は申請できるようになっています。令和3...続きを読む

  • 地域密着型のリフォーム会社の特徴について教える男性
    2019.09.30

    リフォーム会社では、地域密着型の方が強い可能性があります。 まず、相談のしやすさが全く違うという特徴が存在します。 大手のリフォーム会社は作業の分業化が行われていますので、確かにそれぞれの部門で大きな強みを持っています。 ただ、包括的...続きを読む

  • 保険に関する資料
    2019.10.26

    リフォーム業者の選び方で最も重要なのは、建築した物件への保証と信頼が存在するかどうかという点です。特に、各種保険への加入は必須となります。リフォーム業者の選び方でこれらが大切なのは、各種保険への加入が任意になっているからです。これは、その業...続きを読む