自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > 地域密着型のリフォーム会社の特徴を教えます!

地域密着型のリフォーム会社の特徴を教えます!

リフォーム会社では、地域密着型の方が強い可能性があります。まず、相談のしやすさが全く違うという特徴が存在します。大手のリフォーム会社は作業の分業化が行われていますので、確かにそれぞれの部門で大きな強みを持っています。ただ、包括的に1人の担当者が相談を請け負っているわけではありませんので、情報の連携ができていないケースもあります。この場合、特定の部門で相談をしづらくなってしまうという難点も生まれます。実際に、分業化が進むと情報の連携が取りづらくなって、担当者が変わってしまうというトラブルも発生しています。

地域密着型のリフォーム会社の特徴について教える男性一方で、地域密着型のリフォーム会社では担当者が1人ついてくれることが多いため、相談のしやすさが全く違います。相談をしてから実際に施工が終わるまでの期間中は1人の担当者に相談できるため、困った場合にはそのスタッフに相談しておけば間違いありません。

また、アフターメンテナンスに強みがあるという特徴も存在します。リフォームが一般的な建築と大きく異なるのは、金額によってアフターメンテナンスを付けることができなくなるケースがあることです。リフォーム会社は、あくまでも原状回復などを中心としてサービスを提供していますので、大規模な工事を得意としていません。そのかわりに、小規模で迅速な工事をしてくれるというメリットがあります。ただ、安い価格で工事をするためアフターメンテナンス分の費用を考慮していないという側面を否定できません。何らかのトラブルが発生したときには、自分たちで問題を処理しなくてはいけないため結局費用が大きくなる可能性も存在します。

この点、地域密着型のリフォーム会社ではアフターメンテナンスに力を入れて、大手のリフォーム会社と差別化を図っているという特徴があります。代表的なのが、独自の保証期間の取り決めです。リフォームは、小規模である限りは建築業に関連する作業にはなりませんので、実は保証期間を各社が決めることができるという重要なポイントが存在します。そのため、保証期間を曖昧にしてアフターメンテナンスを受けられないようにしているところも少なくありません。地域密着型のリフォーム会社では、この点を考慮して保証期間を充実させることでより精度の高いサービスを提供しています。特に、その地域の気候や土地に合わせた対策を講じてくれますので、アフターメンテナンスにおいても安全性や信頼感が大きいです。

こちらの記事もチェック!