自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > 失敗しないリフォーム業者の選び方を解説します

失敗しないリフォーム業者の選び方を解説します

リフォーム業者の選び方で最も重要なのは、建築した物件への保証と信頼が存在するかどうかという点です。特に、各種保険への加入は必須となります。リフォーム業者の選び方でこれらが大切なのは、各種保険への加入が任意になっているからです。これは、その業者への信頼性にそのまま直結します。強制的に保険に加入しなくてはならないわけではなく、自主的にどういったものを利用するのかを考えなくてはいけません。例えば、代表的な保険に瑕疵担保保険というものが存在します。元々、新築住宅などの高価な建造物は、建築したときに何らかの問題点があった場合に、その建築を行った建築業者が責任をとらなくてはいけないようになっています。そして、そういった問題点で補償を受けることができるのが瑕疵担保保険です。

保険に関する資料しかし、この瑕疵担保については法律上は住宅事業者に保険加入義務が存在するのですが、中古住宅はその限りではないという問題点が存在します。誤解をしてはならないのは、新築住宅の場合は義務であり、中古の場合は任意であるという点です。任意であるため、業者が認めないケースでは加入することができないケースもあります。このような業者を選択すると、後々でトラブルに発展する可能性が高くなります。

また本来、こういった重要な点を指摘してくれるのはそのリフォーム業者の担当者です。担当者が指摘してくれない限りは、初めて利用する人は保険の有無すらわからないケースが大半だからです。リフォーム業者の担当者は、保険などの説明だけではなく大まかな建築の流れや現場の作業員との綿密な連携を図ることで、依頼人の要望に応える役割を果たします。現場の状況を把握するためにも、優秀な担当が存在する業者は必須です。

そして、金額面についても問題なのがいわゆる500万円という基準です。リフォームは、小規模の建築を主として施工しますので、金額面で基準を設けて明確に建設業とは異なるサービスを提供しています。現実的にも、壁などの塗装を調整するときには自分1人でも自由に行うことができますし、屋根瓦が外れたときなども自分たちで修復できます。これは、法律的に安価なリフォームあるいは改築は素人で行っても構わないようになっているからです。

一方で、500万円以上の費用が必要になる建築については、建設業の免許を持っている建築業者が行う必要があります。建設業の免許を持った業者が工事を行う際には、各種保険への加入の有無もより複雑になるケースがありますので、業者選択で失敗しないためにもこれらの確認は必須です。

こちらの記事もチェック!
  • DIYをする女性
    2019.07.24

    ガレージをDIYで組み立てる手法としては、単管パイプを利用した方法が存在します。一般的な工事現場の足場としても利用されているものですが、単管パイプは見た目以上に簡単に組み立てることができますので、通常の住宅に存在するようなガレージサイズなら...続きを読む

  • お金
    2019.08.05

    リフォームは、元にあった状態に住居を戻すことを念頭に行われます。例えば、賃貸借で住宅を借りた場合、その部屋から出ていくときには原状回復という処置をとらなくてはいけません。この原状回復は、借りる前の状態に戻すことを意味しますのでリフォームであ...続きを読む

  • 住まい給付金について説明する女性
    2019.09.02

    住まい給付金は、消費税の引き上げによって生じる消費者の負担の軽減のために考えられた制度です。消費税の引き上げに関する対策として実施されていますが、実施期間としては既に平成26年4月から始まっていて対象者は申請できるようになっています。令和3...続きを読む

  • 地域密着型のリフォーム会社の特徴について教える男性
    2019.09.30

    リフォーム会社では、地域密着型の方が強い可能性があります。 まず、相談のしやすさが全く違うという特徴が存在します。 大手のリフォーム会社は作業の分業化が行われていますので、確かにそれぞれの部門で大きな強みを持っています。 ただ、包括的...続きを読む