自宅を増築するときの金額の相場は?増築の種類についても解説 > 理想のガレージを自分でDIYして作ることができる?

理想のガレージを自分でDIYして作ることができる?

ガレージをDIYで組み立てる手法としては、単管パイプを利用した方法が存在します。一般的な工事現場の足場としても利用されているものですが、単管パイプは見た目以上に簡単に組み立てることができますので、通常の住宅に存在するようなガレージサイズなら比較的容易に建築できるというメリットがあります。

DIYをする女性DIYの観点からも、安値で実行できるという魅力もあります。単管パイプ1本あたりの相場は約1000円程度に抑えることができますので、小規模のガレージで問題ないのならば数万円程度で組み立てることも可能です。単管パイプを繋げるためのパーツも1個あたりで200円から300円程度で購入できますので、最安値でガレージをつくりたい人にうってつけです。実際に単管パイプに関しては、ガレージ用の専用のキットもありますので初心者でもやりやすいです。

同様に、簡易的なものを組み立てたい場合に有効なのがイレクターパイプと呼ばれるものです。イレクターパイプは鉄パイプをプラスチックでコーティングしているもので、一般人でもDIY素材として入手しやすいという利点があります。イレクターパイプの魅力は、単管パイプよりも価格が安い可能性があることです。専用のキットを利用すればバイク専用の小規模のガレージなどとても簡単に作成することも可能です。特に、イレクターパイプの利点はジョイント部分が非常にわかりやすいことにあります。基本的に、素人がパイプを繋げるときにはその接着面に気を付けて耐久性が問題ないようにしなくてはいけません。この点、イレクターパイプはジョイント部分を制作会社が明確に作ってくれていますので、素人でも簡単に繋ぎ合わせることができます。そのため、初心者が最も扱いやすいDIYの素材の1つだといえます。

反対に、単管パイプやイレクターパイプと異なって本格的なガレージを組み立てたいと考えている場合に必要なのが鉄骨です。鉄骨の利点は、業者が建築するような見た目も優れたガレージを作成できる点にあります。ただ、鉄骨に関しては専門的な知識が必要になることを忘れてはいけません。そもそも、鉄骨は自分で接合部分を接着しなくてはいけないので、そのためのスキルが必要になります。また、規模が大きくなると建築申請も必要になる可能性があります。価格面も、本格的な鉄骨のガレージでは50万円以上は確実です。ですから、専門的に建築をしたいと考えている人には向いています。

こちらの記事もチェック!